サポカー補助金制度を活用する

補助金制度の説明を受ける高齢者

補助金を利用して「サポカー」「後付け急発進等抑制装置」を購入しよう

 65歳以上のドライバーが、「衝突被害軽減ブレーキ」や「ペダル踏み間違い急発進等抑制装置」が搭載された安全運転サポート車や、「後付け急発進等抑制装置」を購入する際には、国の「サポカー補助金」制度が利用できます。  補助金の交付には条件があるため、対象になるか、どの補助金を受け取れるのか、確認しましょう。また、各自治体でも補助金を設定している場合があるので、詳細はお住まいの市区町村へご確認ください。

サポカーの新車・中古車を購入する場合

対象者:
令和2年度中に満65歳以上となるドライバー 令和2年度中に満65歳以上となるドライバーを雇用する事業者
対象車両:
「衝突被害軽減ブレーキ」を搭載した車両(サポカー) 「衝突被害軽減ブレーキ」「ペダル踏み間違い急発進等抑制装置」の両方を搭載した車両(サポカーS)
補助金額:
新車で3万円〜10万円 中古車で2万円〜4万円
※申請総額が政府の予算額を超過する場合には、申請締切前であっても募集を終了することがあります。
対象となる車種やグレード
新車の車種・グレード等(下記から各メーカーのHPをご確認ください。)※リンク先のページが変更・削除されている可能性がありますのでご了承ください。
・中古車の車種・グレード等 国土交通省 経済産業省 申請に必要な書類や申請方法につきましては一般社団法人 次世代自動車振興センターをご覧ください。

「後付け急発進等抑制装置」を
購入の場合

 補助金は、販売事業者(認定取扱い事業者)に支払われるため、購入者(満65歳以上)は、補助金相当分(2~4万円)を控除した額を販売事業者に支払う形となります。  対象となる「後付け急発進等抑制装置」については、国土交通省のサイトでご確認ください。