ドライバーご本人の方へ

ドライバーご本人の方へ

“踏み間違い”だけではない!
高齢ドライバーが
起こしうる事故

クルマの事故 クルマの事故

 高齢ドライバーによる交通事故の代表例としてよく取り上げられるのがアクセルとブレーキの“踏み間違い”です。
 しかし、事故の原因は踏み間違いだけではありません。高齢になることで認知・判断・操作のそれぞれの能力が低下していくことが様々な事故を引き起こすリスクにつながります。個人差はありますが、どんなに運転に自信を持っている方でもリスクは高まっていきます。

 そこで高齢化することで運転能力にどのような変化が起きるのか、高齢者による交通事故はなぜ起きるのかを学んでいきましょう。

高齢化による

運転能力の変化

高齢ドライバーの

事故を知る

高齢ドライバーのイメージトレーニング 高齢ドライバーのイメージトレーニング

事故を起こす前に
見直そう!
ご自身の運転能力と
運転方法

 高齢になっても事故のリスクを軽減できる方法があります。自分の運転能力をチェックし、運転能力を維持・向上するためのトレーニングを行うことです。また、事故を起こさないために補償運転を行うことや安全運転方法を身に着けることも非常に有効です。
※自分の体調や運転能力、外部環境である天気、明るさ、道路状況などを考慮して、危ない運転場面を避けて運転すること。

自分の運転能力を調べる

運転能力を維持・向上
するための
トレーニング

事故を起こさないための
安全運転方法

自分の運転は
客観的に見て安全か?
ドライブレコーダーの活用を
検討しよう

ドライブレコーダー

 自分の運転に自信があっても、他人から見ると危険な運転と思われる場合があります。そこで有効になるのがドライブレコーダー(いわゆるドラレコ)の活用です。自らの運転を記録して振り返れば、運転方法を見直すきっかけになるかもしれません。また、ドライブレコーダーを使用したサービスを活用すれば客観的な運転診断も受けられます。

ドライブレコーダー
を活用する

ドライブレコーダー付き
サービスを
活用する

運転中の高齢ドライバー 運転中の高齢ドライバー

マイカーの安全装備は
十分か?
改めてマイカーの性能や
安全装備を知ろう

 最新のクルマは操作ミスや事故を軽減するために様々な機能や装備などを搭載しています。改めてマイカーの搭載している機能や装備を確認してみましょう。これまでは使っていなかった機能を使ってみることでより安全な運転を実現できる可能性があります。また、踏み間違いの危険を減らしたいときには、国が認定する踏み間違い抑制装置を取り付けましょう。それでも不安がある場合は、サポカーなど最新の安全装備を備えたクルマへの買い替えを検討しましょう。

最新のクルマに
装備されている

先進安全技術

後付けペダル踏み間違い急発進等抑制装置を取り付ける

サポカー補助金

制度を活用する

定期メンテナンス

の重要性

運転免許証を自主返納する前に!
返納手続きや返納後の
移動手段を調べよう

高齢者マーク・運転免許証 高齢者マーク・運転免許証

 ご家族から運転をやめるべきとすすめられることが重なる、自分の運転への不安が解消できない、となったときには運転免許証を自主返納(免許返納)してマイカーの運転をあきらめることも考えなければなりません。しかし、交通手段が限られている地方や郊外ではマイカーがなくなると生活に困る可能性があります。そこで、免許返納を考える前からどんな交通手段があるのかを予め調べておくことが大切です。

高齢ドライバーの

免許更新方法

運転免許証の
自主返納

マイカーの
代わりとなる
移動手段