最新のクルマ(主にサポカー)に
装備されている先進安全技術

サポカー

「サポカー/サポカーS」とは?

 自動車の安全技術は日々進歩しており、国は衝突被害軽減ブレーキを搭載した車両を「セーフティ・サポートカー(サポカー)」、衝突被害軽減ブレーキに加え、ペダル踏み間違い時加速抑制装置を搭載した車両を「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」と定義し、特に高齢ドライバーに推奨しています。  また、自動車メーカー各社もさまざまな先進安全技術を搭載したクルマにより、安全運転をサポートしています。 注:先進安全技術は、交通事故の防止や被害の軽減に役立ちますが、あくまでも安全運転の支援であり、機能には限界があります。路面や気象条件によっては作動しない場合もありますので、機能を過信せず、引き続き安全運転を心がけていただくようお願いします。

「サポカー/サポカーS」の先進安全技術

①衝突被害軽減ブレーキ  車載のレーダーやカメラにより前方の車両や歩行者を検知し、衝突の可能性がある場合には、運転者に対して警告音を発します。  さらに、衝突の可能性が高い場合には自動でブレーキが作動します。
衝突被害軽減ブレーキ
②ペダル踏み間違い急発進抑制装置  停止時や低速走行時に、車載のレーダー・カメラ・ソナーが前方(及び後方)の壁や車両を検知している状態でアクセルを踏み込んだ場合、エンジン出力を抑えるなどにより急加速を防止します。
ペダル踏み間違い急発進抑制装置
③車線逸脱警報装置  車載のカメラにより道路上の車線を検知し、車線からはみ出しそうになった場合やはみ出した場合※に、警告音を発します。 ※運転者がウインカーを操作して意図的な車線変更を行う場合は、警告音を発しません。
車線逸脱警報装置
④自動切替型前照灯  前方の先行車や対向車などを検知し、ハイビームとロービームを自動的に切り替えるヘッドライト。
自動切替型前照灯自動切替型前照灯
⑤配光可変型前照灯  前方の先行車や対向車などを検知し、ハイビームの照射範囲のうち先行車や対向車のエリアのみを部分的に減光するヘッドライト。
 障害物のない状況でも異常なアクセル操作時に加速を抑制する機能が搭載されたクルマが開発されるなど、先進安全技術は着実に進歩しています。