72歳以上のドライバーの方は要注意!
75歳以上の高齢ドライバーを対象に
実技試験(運転技能検査)が導入されます

 2022年5月13日より75歳以上かつ過去3年以内に一定の交通違反があった高齢ドライバーに対して実技検査(運転技能検査)が導入されることになりました。
高齢ドライバーの方のうち、 ①次回の免許更新が75歳の誕生日またはそれ以降となる ②運転免許証有効期間満了日直前の誕生日の160日前の日前3年間に、一定の違反歴がある(※対象となる交通違反の詳細はこちら) という条件に当てはまる方は、免許更新時に指定教習所において実技試験(運転技能検査)を受ける必要があります。    運転技能検査は更新期間中であれば何度でも受けることができますが、合格しなかった場合は運転免許証を更新することができなくなります。    これまでも70歳以上の高齢ドライバーの方は高齢者講習を受講する義務がありましたが、不合格になると更新できなくなるという点が大きな違いです。なお、運転技能検査の対象外の方は引き続き高齢者講習の受講が必須となります。   次の免許更新時に運転技能検査を受ける必要があるかをこちらのチャートで確認しましょう。

次の免許更新時に運転技能検査(実技試験)を受ける必要があるか?

前回の免許更新はいつでしたか?